ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 生活安全推進協議会

本文

生活安全推進協議会

記事ID:0008054 更新日:2020年2月26日更新

令和元年度生活安全推進協議会を開催

生活安全推進協議会

 山県市は、生活安全条例を定め、条例に基づいて各種団体の代表者や警察および市の担当責任者を委員として生活安全推進協議会を設置しています。

 協議会では、安全で住みよいまちづくりを目指して、犯罪や事故の発生状況などが情報交換されるほか、市民生活の安全に関する問題やその解決策などについて協議します。協議会の要望意見は、市の施策に反映されるよう市長へ報告します。

 協議会の委員の任期は、2年です。

生活安全推進協議会の開催状況

日時

 令和元年10月25日(金曜) 10時~

場所

 市役所 2階 201会議室

出席者

 委員9人(欠席1人)

内容

  1. 委嘱状交付
       新委員となった5人に、市長が委嘱状を交付しました。
  2. 市長あいさつ
  3. 講演
     山県市をさらに安全で安心なまちにするための手がかりを得るため、美濃加茂市 川合西3号自警団 顧問の渡辺孝男氏を講師に招き、防犯ボランティアの受容性を講話していただくとともに、自身が行っている防犯活動の事例についての紹介がありました。
  4. 協議事項
    1. 山県市内の犯罪情勢について
    2. 市の生活安全対策について
      • 地域見守りネットワークについて
      • 市民相談受理状況について
      • 防犯灯などの設置状況、青色回転灯パトロールの実施状況について
      • 防犯カメラの運用および補助制度について(案)
    3. 意見交換
       今後も自治会と行政が互いに防犯活動を推進していくことや、積極的な意見・情報交換が必要であることを話し合いました。

委員

委員名簿 [PDFファイル/245KB]

講演会の様子
講演の様子

委嘱状交付の様子
協議会の様子

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)