ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > よくある質問(保険・年金・後期高齢) > 年金を受給すると、保険税の納付方法は年金天引きに変わるのですか

本文

年金を受給すると、保険税の納付方法は年金天引きに変わるのですか

記事ID:0003750 更新日:2019年10月16日更新

答え

 対象となる人は自動的に年金天引きに切り替わります。(変更手続きは不要です)

年金天引きの対象者

 世帯内の国保の加入者全員が65歳以上75歳未満の世帯の世帯主(擬制世帯主は除きます)で、世帯主の受給されている年金が年額18万円以上の人。

対象外

 次に当てはまる場合は納付書または口座振替による納付方法となります。

  • 介護保険料(65歳以上)と保険税の合計額が年金受給額の2分の1を超える場合
  • 世帯主が会社の健康保険や共済組合の加入者である場合や75歳以上で後期高齢者医療制度の加入者である場合

関連ページ

口座振替


国民健康保険