ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ごみ・リサイクル > 「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」事業

本文

「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」事業

記事ID:0001594 更新日:2019年10月16日更新

「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」の概要

 ブラザー工業株式会社、キャノン株式会社、デル株式会社、セイコーエプソン株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社の5社では、循環型社会の構築に貢献する取り組みとして、自社の使用済みインクカートリッジを共同回収し、回収した使用済みインクカートリッジを、再生カートリッジやボールペン等の材料として再生利用しています。詳細については下記ホームページをご覧ください。

インクカートリッジ里帰りプロジェクトホームページ<外部リンク>

市の取り組み

 山県市は、焼却ごみの減量化・資源化を図るため、プリンターメーカー5社が進めているインクカートリッジの回収から再資源化までのリサイクル活動である「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」に協力し、市役所本庁舎や各支所、出張所の4か所に回収ボックスを設置しました。ぜひ回収にご協力ください。

回収箱設置場所および回収対象品

インクカートリッジ回収ボックスの画像
インクカートリッジ回収ボックス

  • 市役所本庁舎の玄関
  • 伊自良支所
  • 美山支所
  • 西武芸出張所 以上4か所

 回収対象品は、家庭で使用した里帰りプロジェクトに参画している企業5社の純正インクカートリッジに限ります。また、ひどく破損したものや改造品はリサイクルの障害になるため、可燃袋に入れて処理してください。


お知らせ
ごみの種類と出し方
環境衛生カレンダー
リサイクル