ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康 > 食生活改善推進員の活動

本文

食生活改善推進員の活動

記事ID:0001476 更新日:2019年10月16日更新

山県市食生活改善連絡協議会(食生活改善推進員(ヘルスメイト))

 「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに、自分や家族そして地域の食生活改善を目指し、各種料理講習会の開催や健康づくり事業への参加、食育の積極的な推進に取り組むボランティア団体です。

食生活改善推進員(ヘルスメイト)は食育アドバイザー

 平成17年「食育基本法」が施行されたことから、食生活改善推進員は、地域における食育推進の担い手、「食育アドバイザー」として活動を開始しました。子どもから高齢者まで、健全な食生活を実践することのできる食育活動にとりくみ、食事バランスの普及、地産地消、郷土料理や行事食、食文化の継承などという大きな視点から食育を捉え、健康づくりを進めています。食べることは生きることの基本です。地域の健康づくりの輪が食生活改善推進員の力で地域全体に広がっていくことを期待しています。

詳しくは、「一般財団法人 日本食生活協会<外部リンク>」をご覧ください。

一般財団法人日本食生活協会ホームページよりの画像
一般財団法人日本食生活協会ホームページより

組織・概要

 山県市食生活改善連絡協議会の組織と概要についてご紹介します。

事務局

 〒501-2192 山県市高木1000-1 山県市役所健康介護課内 

 電話 0581-22-6838  ファクシミリ0581-22-6841

目的

 会員相互の親睦と資質の向上を図り、栄養および食生活改善の効果を発揮することにより、市民の健康増強に務めること。

事業

  1. 食生活改善に関する調査研究
  2. 食生活改善に関する知識・技術の指導と研究
  3. 食生活に関するグループ活動の育成と推進
  4. その他目的達成に必要な事項

役員

 会長1人、副会長2人、会計1人、理事8人以内、監事2人

会員数

 令和元年度 37名

活動内容

主な活動内容を紹介します。

日本食生活協会委託事業

  1. 世代別に取り組む生活習慣病予防のためのスキルアップ事業(若者世代・働き世代)
  2. やさしい在宅介護食教室

岐阜県委託事業

  1. 保護者のための食育支援活動
  2. 地域での共食推進事業
  3. 野菜ファーストキャンペーン事業

市食生活改善連絡協議会事業

  1. 食育の日推進活動
  2. 防災食(パッククッキング)の普及
  3. やまがたっ子料理教室
  4. 栗まつり・健康介護フェスタイベントへの参加
  5. 高齢者共食推進事業

その他

  1. 自主研修会
  2. 活動集計

ちまき・柏餅の画像

ちまき、柏餅

健康介護フェスタの画像

やまがた健康・介護フェスタ

地域での共食推進事業の画像

地域での共食推進事業

食生活改善推進員(ヘルスメイト)になるためには

 山県市健康介護課主催の「栄養教室」を受講し、修了後「山県市食生活改善連絡協議会」に入会すると会員としての活動ができます。

(受講資格)

  • 市内にお住まいの人
  • 食生活改善推進員としてボランティアの活動ができる人

 ※講座の受講等については、山県市健康介護課内の山県市食生活改善連絡協議会事務局へ問い合わせてください。


休日夜間診療
健診・検診