ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
麒麟がくる > 取矢神社

取矢神社


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事ID:0006700 更新日:2019年10月16日更新

滝 神社の名称である「取矢」の矢は水を表し、その水を取り込むということから、その名がつけられたと伝わっています。
 また、弓の名手であった早矢仕新助が、美しい鳥を見かけて捕まえようと矢を放ったところ、鳥がくちばしで受け取り飛び去ったことから、その鳥は神の使いであると信じ、近くのお宮を新しく立て直し、取矢神社と名付けたという伝承もあります。
 神社の近くには大桑城があった古城山の別名金鶏山にちなんだ金鶏の滝などがあります。

お問い合わせ

生涯学習課  電話:0581-22-6845  Fax:0581-22-6851