ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > やまなび > 市の概要

本文

市の概要

記事ID:0002003 更新日:2020年3月26日更新

 

位置と地勢

 山県市は、平成15年4月1日に、高富町、伊自良村、美山町の3町村が合併して誕生しました。
 本市は、岐阜市の北側に隣接する位置にあり、JR岐阜駅から約9~34キロメートルの範囲に広がっています。
 地勢は山地丘陵部が多く、北端の日永岳(1,216メートル)を最高峰として枝状の山地と、長良川支流の武儀川、鳥羽川、伊自良川沿いの平たん地で構成されています。
注 日永岳の山頂は関市になります。

面積

 本市は、南北方向約25キロメートル、東西方向約14キロメートルの範囲に広がり、約221.98k平方メートルの面積を有しています。
 地目別では農用地約6%、森林約84%、宅地約3%、道路約2%となっています。

交通

 本市の道路状況は、南北方向が岐阜市と本市をつなぐ国道256号および主要地方道岐阜美山線、東西方向は本市と関市および本巣市をつなぐ国道418号や主要地方道関本巣線が縦横に通り、広域連絡や地域内連絡のための重要な幹線道路となっています。
 また、東海環状自動車道の山県インターチェンジが開通し、併せて国道256号バイパス建設工事も進められており、将来の広域交通の拠点として市の発展に重要な役割を果たすものと思われます。

人口と世帯数

 平成27年国勢調査による総人口は27,114人です。
 同調査結果においては平成7年までは人口増加を続けていましたが、平成12年以降は減少に転じ、平成22年から平成27年にかけての人口減少率は8.49%となっています。また、世帯数も9,640世帯(平成22年は9,731世帯)、一世帯あたりの人員は2.8人(平成22年は3.0人)と減少しており、核家族化が進行しているといえます。

市役所の位置

市役所の画像

住所 岐阜県山県市高木1000番地1

東経 136度47分04秒
北緯 35度30分08秒
海抜 28.26m

市章

市章の画像

 山県市の山の字をモチーフに、豊かな自然と活力ある都市が調和して、21世紀の未来へ飛翔する市民を鳥にイメージして、安らかで快適な山県市を意気高らかに謳いあげています。

  • 青は未来へと続く澄みきった空・調和と発展
  • 緑は豊かな自然・活力と創造

市の木・花

市の木/栗の画像
市の木/栗

市の花/ききょうの画像
市の花/ききょう

市民憲章

わたくしたちのまちは山県市。
その名の由来は御野国山方郡。
正倉院に現存する最古の戸籍に記されていた地名です。
はるかなときの流れに育まれてきたわたくしたちのまちを、
さらに住みよいまちにし次の世代に引き継ぐため、
ここに市民憲章をさだめます。

一、豊かな自然を愛し、美しいまちをつくります。
一、健やかな心と体を育て、明るいまちをつくります。
一、持てる力を生かし、元気なまちをつくります。
一、思いやりの心を持ち、温かいまちをつくります。
一、教養と文化を高め、豊かなまちをつくります。

都市宣言

友好都市

 山県市は、平成17年8月に「アメリカのオレゴン州フローレンス市」と友好関係都市協定書を締結しました。
 平成24年8月には、友好関係都市提携の再調印式をフローレンス市庁舎で行い、両市と市民の友好関係の永続を宣言しました。

国際交流の画像1
国際交流

国際交流の画像2
国際交流

米フローレンス市の画像1
米フローレンス市

関連ページ